焼き鳥・鶏料理・鰻(うなぎ)|株式会社鮒忠

根本忠雄「焼き鳥商法」>
第三章「間口二間の米屋で独立」

第三章 「間口二間の米屋で独立」

甲種合格、満州へ出征。一度目の兵役に ~20歳

昭和9年 満州出征
店を始めて3年3か月、私は20歳になり、兵隊検査を受けることになった。せっかく自分の力で店を軌道に乗せ、このままいけば親子2人水入らずで中流階級並みの生活ができるのだから、兵隊にとられたら大変だ。本気になって成田山へお参りし、願わくは甲種合格にならないようにとお祈りした。しかし、運の神は私を見放し、兵隊検査は甲種合格になってしまった。12月には赤紙が来て、召集を命ぜられた。
麻布3連隊なら日曜日ごとに家に帰って来られる。3人の店員に商売を任せて、日曜日ごとに帰って来て指示すればいいと思っていた。ところが、16師団の福知山連隊に編入を命ぜられ、満州に派遣されることが決まった。満州事変のほとぼりが冷めない、日支事変の前夜で、満州には戦雲が垂れ込めていた時代だ。いつ帰って来られるか、生きて帰れるかどうかも分からない。母1人では店を続けて行くのは不可能だ。私は店をたたむ決心をした。
18歳のときから、自分の力で築き上げた店だ。未練はあったが仕方がなかった。とにかく、満州に派遣される1か月の間に買手を見つけなければならない。その頃、浅草・竜泉町に金子屋という羽振りのいい米屋があって、支店を出したいという話を人から聞いた。さっそく金子屋の主人に会って話したところ先方も乗気で、正直に帳簿を見せて、得意先や売掛金を細かに説明して、800円でどうですかと持ちかけた。1銭もかけ値なし、取引先への支払いや借金は全部済ませてある。
先方は私の言い分を聞くと、私の言い値よりも200円高い、「千円で買いましょう」と言ってくれた。私が店を売りに出すことを聞いて、知恵をつけに来た人に、 「根本さん、売りに出すんだったら、その前に勘定を取っておいて、残った分を払いに回しなさいよ」 と言われたが、私は貸しを思いきりよく諦め、借金を全部払った。払いを先にして、取るものは後にするのが私の主義だ。 店を売った金が1,000円、3年間働いて貯めた金が800円。諸々の払いを済ませて手元に1,800円残った。店を始めたときの資金450円が3年の間に4倍になったわけである。この1,800円を母に渡して、私は福知山連隊に入った。昭和9年12月のことである。

※次回、第四章 「右肩が上っている」は11月10日に公開を予定しております。