焼き鳥・鶏料理・鰻(うなぎ)|株式会社鮒忠

根本忠雄「焼き鳥商法」> 第二章「商売を覚える」・第三章「間口二間の米屋で独立」

第二章 「商売を覚える」

4年で貯めた450円で独立 ~17歳

怒るな 威張るな 欲張るな 忠雄書 13歳〜17歳の厳しい丁稚奉公経験から、生みだされた人遣いに対する『人生訓』
鈴木精米店には4年ほど勤めた。たいていは親父の人使いの荒さが辛抱できなくなり、半年くらいで飛び出してしまっていたから、4年は長い方である。この店で私が得たものは、何といってもセールスという仕事を覚えたことだ。
もう一つ、親父からは貴重な教訓「人の使い方」を得た。なぜ店員がすぐ逃げて行ってしまうのか。朝から晩までこき使うことも理由に違いないが、大きな理由は外でもない、待遇が悪いからである。商売熱心で店は拡張する一方だったが、従業員の労に報いることは全くなかった。私は、「人を使うには、使われる者の立場も十分考えなければ駄目だ」という教訓を得たのである。
鈴木精米店に入ったときの給料は15円だったが、4年務めている間、1銭も上げてくれなかった。私は、15円のうち13円を家に送っていた。母は、その13円をそのまま貯金してくれていた。「仕事を覚えよう。金を貯めよう。独立しよう」という3か条を思い出しては、辛抱を重ねながら、独立できる日を密かに待っていた。
丸4年経ったある日、私はとうとう親父と衝突してしまった。それまでにも、待遇の問題で小さな衝突は何回かあったが、今度こそ本気で店を辞めることを考えた。
その頃、昭和始めの不景気のどん底で、口減らしのため東北辺りの農村から出てきた者が、「給料はなくてもいいから使ってくれ」と言っていた時代だ。親父には、高い給料など出さなくても使ってもらいたい人間がたくさんいるという考えがあって、辞めたいなら辞めろという態度を事あるごとに露骨に出す。その態度と私は真正面から衝突したのだ。
昭和6年9月、私は鈴木精米店を辞め、何をしたらいいのか途方にくれた。貯金は450円あったが、それでは米屋を開くことはできない。大八車を引っ張って八百屋でもやろうかとも考えた。そうこうしているうちに、向島町の山喜精米所という米屋が店じまいした後、格安で貸すという話が耳に入った。裏長屋の間口二間しかない小さな貸店だが、家賃15円、敷金45円だという。450円の資金では精米機は買えないが、当座の運転資金さえ間に合えば米屋を開けないこともない。
覚米を一俵売れば、約1円儲かる。1日1円稼ぐことができれば、15円の家賃を払っても母と2人で生活できないことはない。お得意を集めれば1日1俵売るくらいは何とかできそうだ、私はそんな計算を頭の中で始めていた。
引き売りの八百屋よりも習い覚えた米屋の方がいいに決まっているし、米屋を開店することは丁稚奉公のときからの念願でもあったはずだ。私は、米屋を始める決心をした。一旦決心したら迷うことはない。家賃と敷金を合わせて60円を払い、造作を変え、秤、自転車、リヤカー、看板など全部で250円つぎ込んだ。
こうして昭和6年9月、向島・寺島町の片隅に「根本精米店」の看板を掲げて米屋を開業したとき、兵隊検査も済んでいない18歳の私の胸は、希望ではちきれそうだった。